ニューロサイエンスとマーケティングの間 - Between Neuroscience and Marketing

安宅和人: 脳神経科学とマーケティングの間に棲息

From CT to DC (11) : ジョージタウン、そしてプリンストン(最終回)


この町 (Washington DC) に何日もいると、「見る」ということに疲れてくる。Georgetown(大学)のラウンジに入り、金髪の女の子が勉強している姿を右目に一息つく。左目には、遙かに広がる青空と浮かぶ雲。高台にあるからか、ソファに沈みながら空を見ていると、まるで自分が浮かんでいるみたいだ。静かで、止まった時の中、ラテ*1を飲む。


見渡すと勉強しているのは白人の女の子ばかり。不思議な感じである。あまりにレアなためか、異質に見られることもなく、静かにくつろぐ。このまま眠ってしまいたい。



Contax T2, 38mm Sonnar F2.8 @Georgetown University



翌日、


大いなる墓場DCをいでて、北に向かう。三百マイル(約五百キロ)もの旅だ。ゆっくりもしてられない。ニューヨーク通りを抜け、五十号に入る。その道がそのまま、北へ続いていく。


途中バルティモアで、昼ご飯を食べる。シーフード食べ放題のバッフェにはいるがこれが過ち。シーフードとは名ばかり、うまいのは貝だけ。ザリガニがメイン。代わりにというわけでもあるまいが、一リットルもあろうかというほどの炭酸水を与えられる。僕は牛じゃないぞ。


更に北へ。


休憩もかねてNew Jerseyに入ったところで、プリンストンに立ち寄る。美しい、小さな、そしてmatureで、心の安らぐ素晴らしい大学。これまで見たどのアメリカの大学よりも、愛すべき、そして大学らしい大学だと感じる。バークレー*2とイェールの良いところを足して二で割った感じ。日本でつまらぬ大学生活を送ってしまったことを少し残念に思う。こういうところで、四年間、選りすぐられた学生たちと生活を共にすることが出来れば*3、その後の生はどれほど違ったものとなっただろう。まあ高校の頃、好きなことばかりして、なかばドロップアウトだった僕など、きっと入れなかったに違いない。人口が日本の二倍以上なのに、定員がどこも千人ちょっとぐらいしかないアメリカのトップスクールは実に入るのが大変なのである。日本で定員五百人ぐらいの大学だと思えばよい。僕の今いるイェールでも、カレッジ(大学生)の連中を見ると、高校時代ピアノで全国二位だったとか、National Merit Scholarに選ばれていたなどという、!が三つぐらい並びそうな連中がごろごろしている。


良い町を最後に訪れることが出来てとても良かった。

        • -


ここまで来れば、もうコネティカットは目と鼻の先である。マンハッタンの摩天楼が目に入ってくる。


到着だ。



(CT to DC 完)

(April 2001)

            • -

ps. twitterでのアカウント、2年以上ほとんど止まっていましたが、徐々に使い始めました。ハテナと同じハンドル名です(@kaz_ataka)。


ps2. このエントリに限らず、写真にもスターなど頂けたりするととてもうれしいです。また、よろしければ下のリンクをクリックして頂けると幸いです。


Subscribe with livedoor Reader

*1:Cafe Latte:エスプレッソに泡立てたミルクを混ぜ込んだ飲み物。(←2009年追加註。スタバも上陸していない当時、説明が必要だったことで時代を感じる)

*2:UC Berkeley (The University of California at Berkeley) Science、Artsの全分野に渡る強さ、生み出したノーベル賞の数などアカデミクスでは間違いなく世界の頂点に立つ大学の一つ。学生運動など、リベラリズムの総本山でもある。サンフランシスコの北、バークレーの町にある。緑と青空の美しい大学である。

*3:Ivy Schoolsはほとんど全寮制である。

From CT to DC (9) : 硫黄島メモリアル


ポトマック川の向こうに、アーリントン墓地がある。戦死者、大統領など国のために人生を捧げた多くの人たちがそこで静かに眠っている。


案内をたどり、ある丘の上に着く。巨大な戦士達が、旗を立てようとしているまま凍り付いている。



Contax T2, 38mm Sonnar F2.8 @Iwo Jima Memorial


Iwo Jima Memorial(硫黄島メモリアル)。


日本が大東亜戦争*1と呼び、アメリカが太平洋戦争と呼んだ戦争において*2分水嶺となった硫黄島での戦死者、そして朝鮮戦争での死者をまつってある。日露戦争において、二百三高地を十万以上もの犠牲を出して奪い取った旅順と同じく、硫黄島の頂点の陣地を目指して、日米は命がけの戦いをした(硫黄島の戦い Battle of Iwo Jima)。アメリカとしては、日本進軍、爆撃の拠点としてどうしても獲らなければならなかった島。日本としては、当然、絶対に死守しなければならない島だった。日本だけで21703人、アメリカも6821人もの死者を出したという。そしてその頂点をアメリカ軍がとり、旗を立てようとしている瞬間をそのまま彫像にしてある。結果、日本中の都市が爆撃され、焦土となった。日本にとってもアメリカにとってもあまりにも意味深い、神聖な場所である。



手を合わせ、祈る。知らず涙ぐむ。


そこで白髪の初老の男の人が、四十に差しかからんとしている自分の子供に対し、諭すように話をしている。視線を感じる。僕は心で叫ぶ。日本だって大変な思いをして戦ったんだ。これはフェアゲームだ。お前たちは、そのあと、原爆を二度も落とし、罪もない一般人を数十万も殺した。責められる筋合いはない、と。



この硫黄島メモリアルと、少し離れたところにあるThe Tomb of Unknown (無名戦士の碑)は、国と軍によって大切に管理されている。大統領や国務長官が必ず行く場所でもある。かたや、同じく国の名の下によって建てられ、かつて国の管轄下にありながら、占領軍によって強制的に分離された靖國神社、それに対する日本国民の扱いは目に余るものがある。召集令状赤紙)をもらい、かつて戦地に赴く際には、もしもの時には、ここで大切に国としてまつるからと国は約束したのだ。そして彼らは国のために、死んだのである。それを昔ながらのしきたりでただ奉ってあるだけなのに、未だ靖國神社に国の代表が行き、国のためになくなった人たちに手を合わせるのが問題視される。これは一体どういうことなのだろうか。


国家は時に、国民の命を無情に奪う。しかし、そのために失われた命は大切にまつられ、その勇気と献身は国家が存在する限り永遠に称えられるべきである*3。そして約束をしたことは守るべきである。それが世界のどこであろうと、国というものが出来る最低限の礼儀である*4



人は涙を失ったのだろうか。


「目に涙がなければ、魂に虹は見えない」


北米ミンカス族の諺である。


          • -


添付資料

1. ワシントン中心部地図。碁盤の目のような造り。斜めに走る道には、建国当時の十三州の名前が与えられている。アーリントン国立墓地は川を挟んで主要機関を見下
ろす高台にある。


2. 政府側地図。様々な政府機関と博物館がモール(Mall)と呼ばれる芝生の空間を取り囲む。



(April 2001)

            • -

ps. twitterでのアカウント、2年以上ほとんど止まっていましたが、徐々に使い始めました。ハテナと同じハンドル名です(@kaz_ataka)。


ps2. このエントリに限らず、写真にもスターなど頂けたりするととてもうれしいです。また、よろしければ下のリンクをクリックして頂けると幸いです。


Subscribe with livedoor Reader

*1:1941年12月12日の閣議決定による日本としての本来の正式名称

*2:この戦争には60年以上たった今も未だに呼称の混乱がある。大東亜戦争と呼ぶのが間違いのような風潮があるのは、国家そのものが滅び、米占領下にあった際、占領軍が行った徹底的な情報操作活動に未だ多くの人が影響(洗脳?)されているからと考えられる。議論そのものがタブー視されているのは問題。その戦争の名の下に失われた数百万の国民(この読者の親族の多くも失われたはずである)のためにもはっきりさせるのが筋だと思う。

*3:なお、敗戦後当時の日本の正式名称はOccupied Japan。一つの国家としては認められていなかった。パスポートも占領軍が発行した。当時日本で作られ、輸出されたものにはMade in Occupied Japanと刻印されていた。

*4:2009年追記。このところA級戦犯 (嗚呼なんと言う戦勝国側の呼び方!) 、すなわち戦時の指導者層の分祠問題などかしかましいが、内政干渉も甚だしく、ここは国家として毅然とすべきであると考える。正直、戦争経験者が日本だけでなく、いずれの国にも大量に残っていた私の子供の頃には全く問題視されていなかったことが、なぜか現在、騒がれている、、、このこと自体が、恥と穢れをきらう日本人に影響を与えるための、単なる政治カードと化していることを示している。

From CT to DC (8) : アメリカでいかに危険地帯を見分けるか

大分以前に載せていた、ほぼ10年前の旅行記(学位を取った頃です)、一部、掲載していなかったようなので、掲載します。ちょっと内容的にどうかと思ったりもしますが、まあ、当時、そのように感じていたのは事実なので、一応。ご笑覧いただければと。


これが少し残っているのであといくつか載せて、気が向けば、今年の夏、初めてイングランドを回ってきたので、それもどこかで文章に出来ればと思います。



Leica M7, 50mm Summilux F1.4, PN400N @Manhattan, New York City, NY


(以下、いろいろ考え、やはり掲載することをやめました。もうしわけありません、、。代わりに旅行記の続きを載せますねー。)


(April 2001)

From CT to DC (10) : ワシントン・モニュメント

ワシントン・モニュメントは妙に違和感のある建造物である。


宗教的であり、巨大であり、形が強烈すぎる。



Washington Monument, 旗の下にいる人達が見えるだろうか。


ワシントンの町は、高い建物を建てることが禁止されている。この辺り、皇居の周りと同じなのだが、その理由が冴えている。この巨大な槍を町のどこからでも「見える」ようにするためだと言うのである。まさにこれは神殿である。ワシントンは、世界のデモクラシーの中心を自称するが、実は宗教都市だったのである。ワシントンに来た人は、その形のせいか、場所のせいか、無意識に惹き付けられるようにこのモニュメントに向かう。


この町の機能的な、そして区割り上の中心は、キャピトル(議事堂)であるが、そこにはこれほどの求心力はない。町に集まった人たちは、砂糖に群がる蟻達のように、この塔に吸い寄せられ、触って帰る。ずっと高い空から見下ろすとかなり面白い風景だろうと思う。


そばに行って見上げる。鮮烈な印象が襲う。これはまさに、モノリス、ではないか。猿人達がキャーキャーいいながら、こわごわと近づいたあの物体そのものではないか、と錯覚する。2001年のモノリスは(奇しくも今年は2001年である)猿人に智慧を与え、人への進化を促したが、この現代のモノリスは一体我々に何を与えてくれるのだろう。



手を合わせるようなものではないのだが、異様な畏怖感と共にこの場を去る。



(March 2001)

        • -


ps. このエントリに限らず、写真にもスターなど頂けたりするととてもうれしいです。また、よろしければ下のリンクをクリックして頂けると幸いです。


Subscribe with livedoor Reader

From CT to DC (7) : 同胞


Leica M7, 35mm Biogon F2.0, RDPIII @Grand Canyon National Park


随分長い間、どこまで続いているのか分からない列を待っている。誰かに肩をたたかれる。Asian(エイジアン:アジア人)の男の子である。(入場)チケットをくれるという。一人四枚もらえるらしいのだが、こんなに要らないから、と。「ありがとう」、思わずそう答える。一緒にずっと待ってきた前後の(いわゆる)外人連中には申し訳ないが、ここはありがたく受け取り、列を出ることにする。


この国に来てから、同胞ということで、こうやってアジア人からの親切を受けることは多い。特に中国、韓国から来ている人は、我々と顔の作りもさして変わらず、本当に世界の中で見れば同胞なんだ、ということを実感する。ヨーロッパ人だけではない。黒人、インド人、アラブ人、トルコ人、ヒスパニック、みんなそれぞれ全く異なる顔をし、身体のつくりも違う。その近さの実感が深いのは、白人率八十パーセントという州に住んでいるからかもしれない。インド人、アラブ人ですらお互い近く感じ、すぐに仲良くなる。アジアの「血」である。


ここで、その「血」の引き起こした惨劇を見る。


Holocaust Museum(ホロコースト博物館)。




(April 2001)

        • -


ps. このエントリに限らず、写真にもスターなど頂けたりするととてもうれしいです。また、よろしければ下のリンクをクリックして頂けると幸いです。


Subscribe with livedoor Reader

米国横断フォトエッセイ12:荒野のコンビニ

名もなき荒野を、ずっと走り続けていると何十マイルかに一度、お店があったりする。



Leica M7, 35mm Biogon F2.0, RDPIII


↑こんなカフェもある。


孤独に立つその姿が心に残る。




Leica M7, 50mm Summilux F1.4, RDPIII


これは、コンビニ兼、ガソリンスタンド。

ガソリンは水と並んでクリティカルだ。僕もいつスタンドがなくなるか分からないと思って、チャンスがあれば入れていた。



またこの名前が冴えている。


7-2-11 (セブン・トゥー・イレブン)

、、、文字通り、朝7時から夜11時までの営業ということだろう。



Leica M7, 50mm Summilux F1.4, RDPIII


セブンイレブンのコピーなのかどうかすら分からない。堂々とそびえ立つその姿が美しかった。


        • -


ps. このエントリに限らず、写真にもスターなど頂けたりするととてもうれしいです。また、よろしければ下のリンクをクリックして頂けると幸いです。


Subscribe with livedoor Reader


From CT to DC (6) : 合衆国の神々

(5)より続く


広く晴れ晴れとしたDCはどこかさみしい町でもある。リンカーン・メモリアル、ジェファソン・メモリアル、ワシントン・モニュメント、数多くのスミスソニアン国立博物館ホロコースト博物館、、、見るものはたくさんあるが、それらのどれも「今」ではなく、「過去」を称えるもの、「過去」を閉じ入れたものばかりである。確かに政府はここにあるかもしれないが、政府というのは元々何かを生み出す人の活動の整理とインフラを作るためのもの。そういう意味で、この町で生み出されているものは何もない。そう思うと、この町全体が大きな墓場のように見えてくる。



Contax T2, 38mm Sonnar F2.8 @Lincoln Memorial, DC


真ん中にそそり立つWashington*1 monumentを今の人類が滅びたあと、誰かが見つければ、きっと誰かえらい人間の墓であると思われるだろう。実際に骨はないだろうけれど、その機能は確かに墓。Lincoln*2, Jefferson*3 memorialsも、そこに自ら"National Shrine"(国にとっての神殿)と書いていた通り(非常に非アメリカ的な言葉がアメリカの魂のような場所で現れる)、参る場所であり、墓のようなもの。確かに、ジェファソン、リンカーンの言葉は何度読んでも新しく、それらに打たれはするが、そこを一歩出ると、町には生み出す生気がない。



Contax T2, 38mm Sonnar F2.8 @Jefferson Memorial, DC


多くの官庁のビルも、やたら巨大で、周りを少し歩いただけで疲れてしまう。ニューヨークや、ブラジルの町に張りつめるような生気や、活気、緊張感がそこには全くない。生み出すもののない町は、当然のことながら荒れている。ホワイトハウスを抜けた辺りから道も急に悪くなる。いかにも治安が悪そうなのだが、ポリスを見ることも少ない。あとで聞くところでは、DCの殺人発生率は全米一だということらしい。そういう意味で、この町は生きながらにして、死んでしまった町、なのかもしれない。日本も遷都だ何だなんて騒いで久しいが、いざ政府をどこかに移してみると、結局その町はこんな風になって、その残された土地を与えられた東京だけが大はしゃぎ、なんてことになるんじゃないかナ。


青空の中で、そんなことをふと思う。



(7)に続く


(April 2001)

        • -


ブックマーク、スターなど、頂けたりするととてもうれしいです。また、よろしければ下のリンクをクリックして頂けると幸いです。


Subscribe with livedoor Reader

*1:George Washington:1732年生まれ。米国初代大統領。彼の人格と強い信念、行動力なしに、コロニー(植民地群)の集まりを一つの連邦として束ねるのは不可能であったとされている。

*2:Abraham Lincoln:1809年生まれ。米国第十六代大統領。南北戦争後解決されずにいた最大の問題に立ち向かい、命を賭して奴隷解放を行う。当時のフロンティア、ケンタッキーの非常に貧しい家に生まれ、八歳の時ヴァージニアに移り、十歳で母を失う。農場で働き、フェンスのレイルを割るなどの仕事をしながら、文字通りすべて自力で読み書き、その他すべてを身につける。1865年、南部に加担したという逆の真実を信じる男により暗殺される。彼は何か問題に当たったとき、常にジェファソンの書いた独立宣言に立ち戻って考えたという

*3:Thomas Jefferson:1743年生まれ。米国第三代大統領。33という若さにして独立宣言を起草する。ヴァージニア憲法の起草者、名門ヴァージニア大学の創設者でもある。彼の独立宣言の中にある、We hold these truths to be self-evident: that all men are created equal, . . .(我々は以下なる真実を自明のものとして持っている。すべての人は創造主によって平等に創られている、、、) の言葉はあまりにも有名。アメリカという国で最も大切とされる信念の一つである。