ニューロサイエンスとマーケティングの間 - Between Neuroscience and Marketing

安宅和人: 脳神経科学とマーケティングの間に棲息

Too much tips might kill you. (急いては人生を仕損じる?)


Contax T2, 38mm Sonnar F2.8 @北海道、洞爺湖


この間たくさんのブックマークを頂いてから、いったい何を自分は書いたらいいんだろうと思って少々悩んでいる。確かにあれは僕の書きたいことの一つであったのだけれど、そのブックマークに沢山のライフハックなるタグがついていることに気付き、そのタグからライフハックという言葉を知った。


あまりにもナイーブに生きて来たからか、あるいはあまりにも効率性や生産性の高い空間で生きて来たからか、あまりそういう知恵的なことを追求してこなかった気もするし、ここまで生き延びてくるためにたくさんのtips(日本語で言うと、「何か」をやるためのコツとかちょっとした知恵)を無意識に吸収して来た気もする。



僕は、自分で言うのもどうかと思うが、恐らく比較的生産性の高い方で、でも、その本質は、沢山のことを短時間に行う能力ではなく、同じ時間で意味のあることのみに活動をフォーカスする力だと思っている。僕は若かった頃(10数年前の昔)、エクセルで分析をするのが得意だったけれど、かといって叩くのが異常に早い訳ではなく、なんというか無駄なことをせずに、割と簡単なことの組み合わせでモノを整理するのが得意なだけだった。日本でマスターをとって、一度サイエンスをやめて、プロフェッショナルファームに入ってしばらくした頃だ。



悩んでいる更に若い連中に、僕が教えていたのは、

  • 例えばシート形式で使うのはやめる(1ファイル1メッセージ方式)。
  • 少しでも手を加えたら、それは違うバージョンとしてとっておく。
  • ファイル名を見ると中身と作成時間が分かるようにしておく。
  • ソルバーのような、説明が困難な方式を使わない。
  • フィードバックループが入ってくるならエクセルに固執せず専門のソフトウェアを使う、


など基本的なことばかりだった。


で、一緒に10分ぐらい僕と一緒に叩いていると、なんだ、こんな簡単なことで、うまく行くんですね、といって帰るのがほとんどだった。


長い間、問題解決を専門とするプロフェッショナルファームでも、その問題解決や、分析について教えて来たけれど、それも一番基本的なことを大切にする、それがいつも一番大切だった。



何だか、社会が生産性に追い立てられるのは分かるのだけれど、でも僕はちょっと道がずれていっているような気がしている。『生産性』をあげることの本質は、そういう本質というか一番基本的なところを明確に押さえていくことであって、そんなちょっとしたチップスを、ただただ、貯めていくようなことではないと思う。


確かに生産性の高い人は、いくつかのチップスを持っているし、自分のやり方もそれなりにあり、なおかつ、いつもちょっとずつかもしれないけれど、工夫をしている。学ぶ心も旺盛だ。だからといって、無数にチップスを集めたり、そういうことをあさることはしない。僕がこれまでサイエンスでもビジネスでも見て来た超人的な人、スーパーな人はなぜか例外なくそうだった。


ものすごいスピードでアウトプットを出したり問題解決をするけれど、それは人の10倍仕事をするからではなく、せいぜい人の2−3倍程度の仕事量だけれど、意味のないこと、意味の見えないことをしない。失敗したらそれを無駄にしない、そういうことを、無骨に繰り返している、それがそういう人に毎度繰り返し僕の見て来たことだ。



その大切なところへの徹底的なフォーカス、それがやっぱり肝であり、ちょっと僕の言葉の理解している度合いが悪いのかもしれないけれど、チップスオリエンテッド(チップス志向の)な意味でのライフハックというのはちょっとずれている気がする。本質的なライフハックならいいけれど、そこはどうかな、というところに自分としては常に立ち返りたいな、、、そんなことをちょっと、でもまじめに思う。


そしてそんな僕の思う本物の意味で読んでもらえたんだったら、あるいは色々考えてもらうきっかけになっているんだったら、それはすごくうれしいことだな、と思う。



ちょっとつぶやき系ですが、僕としてはとても大切なことだと思うので。:)


Hope you are having a great weekend!



ps. このエントリのタイトルはQueenの名曲、Too Much Love Will Kill Youへのオマージュです。



ps. 冒頭のエントリに対し、沢山頂いたみなさまの声に少しでもお応えできればと思い、一冊の本をまとめました。(2010.11.24発売予定)知的生産について、本格的にご興味のある方は、どうぞ!

内容については、次のエントリをご覧頂ければと思います。


イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」