ニューロサイエンスとマーケティングの間 - Between Neuroscience and Marketing

安宅和人: 脳神経科学とマーケティングの間に棲息

中川昭一氏は身を挺して円高を止めた?


先ほど朝ご飯を食べながら、元為替トレーダーのわが妻が面白いことを言う。中川昭一はすごいというのだ。


えっ、と聞き直してみると、中川昭一氏は身を挺して円高を止めたのではないかというのだ。どうせ辞めるのなら、、という視点で考えると、たいしたことであるという。ここまで自然に行なえるというのもすごいことという。


たしかにヤフーファイナンスの相場を見てみると、円高は急速に戻している。(円安でドルを買った人、売るチャンスです!僕もドルをいくらで買っているのか確認しなくちゃ、、、)




しかしいくら何でも、暴言で戻すなんてことがあるのかなとズームで見てみると、一度ドル高から円高に戻りつつある中、確かに噂の2/14発言で急速に5円以上戻しているように見える。




Mr.円こと榊原英資*1が80円越え相場を止めたよりインパクトがあったのではないかと、冗談まじりで言うのだが、はたしてどうなのか。


為替業界では恐らくすっかり話題のことではないかと思うのだが、月曜の朝の愉快な話題の一つということで。


ではでは今週も皆さんにとって素晴らしい週となりますように!


Have a nice week!


              • -

(3/7追伸)

更にうちで別途会話をしてテクニカルチャートなどを見ていたのだが(僕は見方が分からない)次の「FOREX CHANNEL」の分析を読むと、確かに中川さんはトレンドを変えたらしい。



チャート提供先:FX119.jp, FOREX CHANNEL


この絵の緑の部分を『雲』というらしいのだが、この雲を越えて線が延びているのは、トレンドを変えたことを意味するという。


かなりの数の輸出企業が決算を迎える今、なんともいえず僥倖というには出来過ぎ、優秀な財務官僚が何かたくらんでいたのではないか、と考えてもそれほど筋違いのように感じないのは僕の無知の性なのかしら。